ロビーアクション「品のある挨拶」

pso20160923_032406_066

胸を張り、しゅっと佇むロビアク、品のある挨拶。

攻撃ボタンでそれぞれ性別モーションごとに挨拶を行います。

その挨拶の方は置いておいて()

このロビアク、攻撃ボタンでアクション起こすタイプのループ系ロビアクなのですよ。

延々と待機させられるので、とても使いやすく、また性別ごとに待機時のポーズも若干違うので表情をつけやすい。

ちなみに、↑のSSが男性、↓が女性モーション。

あ、それぞれアクションの挨拶の方は、動画サイトなどでご覧ください。(撮影ワスレテタ)←

どちらも、普段から他のプレイヤーとの挨拶とかに使って行ける汎用性の高いロビアクですな。

pso20160923_032356_065

折角だし、このロビアク使ったSSでイラスト風加工しようと思って何枚か加工してみました。pso20160923_033122_103pso20160923_032530_078%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a4%e3%82%af

質感の違う2種。1枚目の方が良い感じにイラストしてるかな?

とりあえずテーマは「紅茶、いかがですか?」

瓶氏の大好きな紅茶と鳴の組みあわせ。

鳴が落ち着いた雰囲気のキャラなのもあって、とても良く絵になるのですよ。

ガサツ男口調の残念さんとか、無言猫系娘とか、能天気超狂暴ピンクとかと違って、瓶キャラで唯一気品のある子なのでロビアクがとても映えるなぁ()

pso20160923_045501_111%ef%bd%8b

そうそう、最近鳴でサモナーを使ってますの。

シンクロウの☆13エッグを入手できたので頑張って育ててます。

そんな相棒のシンクロウに玉藻と名前を付けてみました。

まだまだ、サモナー良くわからなくて絶賛苦戦中ですが、瓶氏の脳内ストーリーが進んで、それによって鳴の立ち位置や戦い方が変わる事になったので、それに合わせてのサモナー育成です。

まあ、その辺の話はその気になったら追々()

「ツインテールエクステ 大」を使った髪の生えた武人風スタイルのキャスト。

厳つい体格の戦士が、長い髪を振り回しながら舞うように戦うのってなんかかっこよさそう!って発想から思いついたエクステ系アクセを使ったキャスト。

髪の生えたロボットってたまに居ますよね?瓶氏大好きだったコードギアスというアニメにも髪の生えたロボットが居て、乗ってる人の渋さも相まってお気に入りでした。

今回はそんな感じを目指そうと思ってコーデを組んでみましたの。

 

pso20160913_130850_000pso20160913_130909_001

構成

 

ヘッド サイハジン・ヘッドCV

ボディ メルダー・ボディCV

アーム グアルディ・アームCV

レッグ ヴォグルス・レッグ

 

使用アクセ

 

ツインテールエクステ 大

ツイン下げ髪A

ツインアンテナ

エミッションギア

pso20160916_032606_163

pso20160916_032619_164

ツインテールエクステ 大 のみではやや物足りなかったのでツイン下げ髪Aを追加して増毛。

ツインテールエクステ 大 を中心に寄せ、ポニーテール状に配置し、ツイン下げ髪Aを立ち姿時に他所に干渉しないように慎重に調整。

pso20160916_032425_162

ツインアンテナとエミッションギアで頭部を保護するヘッドギアを構成。

毎度の如く、頭部でアクセ4枠()

アクセ枠がもっとほしいぞよ・・・

こんな感じで今回は組みました。髪の長さはどう頑張っても腰辺りまでしか伸ばせなかったのがちょい残念なのですが、概ね瓶氏のイメージ通りのスタイルになったかなと。色調も相まってヒーローっぽい風貌、敵キャラっぽくなりがちな瓶氏にしては珍しく王道主人公ロボっぽいスタイルになった事が驚きですがなw

 

pso20160916_024014_112

ナックル装備でPA使用。

このSSみたいに髪を振り回す感じがとてもカッコいい!

なかなか満足な出来である。

pso20160916_024313_145

ただ、正面からPA系のSS撮るとあんまり髪が目立たないのが少し惜しい。もっと長いエクステ系アクセが欲しいですな。pso20160913_135006_039

pso20160913_135146_044

何度も言ってるけど、本当にアクセは使いよう。意外な組み合わせが恐ろしいほどのインパクトを生むむのよのぉ(ヨボヨボ)

 

最近のイラスト風SS+リューエ(と同居人)のPSO2だらだら日記さんとのツーショイラスト風SS

最近色々やりたい事多くて何もできず仕舞いな瓶氏です()

そろそろイラスト風SSも溜まってきましたので、放出しましょう。

あと、タイトル通り、今回もフレさんとのツーショイラスト風SSも投下。今回はりゅーえさん(リューエ(と同居人)のPSO2だらだら日記)と撮ってきましたよ。

 

では、まずは自分の物から。

 

 

pso20160910_202833_005

金髪になってよりゴスロリ感が上がった割。

pso20160911_153805_023

ショップエリアにて。緊急時に赤くなるのを利用して、船外の宇宙を背景に撮ったもの。

確実に緊急で出てくる敵よりコッチの方がヤバイ()

 

pso20160911_175931_024

FUNスクに入ってた新しいルームグッズがなんとティーセットだったのでつい興奮して勢いで加工までしてしまった。瓶氏は紅茶が大好きなのだよ。

 

pso20160912_024902_083

アイカGVでパシャッた一枚。今後はこっちの髪型をメインにしていこうかな?

 

pso20160913_135006_039

鉄のキャスト体更新姿。こちらの詳細は別記事で。

アクセを使って髪を生やした武人のような出立ちの新スタイル。

 

pso20160913_135146_044

放つは鋼をも砕く一突き。穿つは魂。

必殺の一撃を放つ前の気合いみたいな。pso20160916_023647_051

裏拳粉砕!

バックハンドスマッシュ使用時の踏込が良い感じに撮れた1枚。

 

 

ここから下はりゅーえさんとのSSになりますの。

 

 

pso20160914_044013_066

りゅーえさんのキャラ「ラアス」と瓶氏のキャラ「瓶茶」でツーショ

女性恐怖症のラアスさんと女扱いするとキレる瓶茶のよにも不思議な組み合わせ。

余談ですが、瓶茶は男扱いしてもキレるので、性別に関する話題はNGなのである()

 

pso20160914_054656_191

メインキャラ同士という名の、不遇キャラ同士()でラスベガスにて撮影。

pso20160914_055613_209

根暗と前向きの対照的な性格がうかがえる一枚。

pso20160914_060759_224

視線のせいで、これが格差かよ・・・って瓶茶が言ってるように見える一枚になってしまったやつ。

なにの格差かは言わない()

 

アイカヘアーGV

アイカヘアー買っちゃった。で、大金叩いて買ったアイカヘアー。

そのGVが実装されたので・・・

またもや買ってしまいました!()

pso20160914_035505_000

ノーマルのアイカヘアーとの相違点は、三つ編みの毛先がGV仕様になった事ですね。

GV部分の色変えは、キャスト以外の種族は髪色の変更でGVカラーの項目を、キャストはサブカラー3の変更でそれぞれ変更できますよ。

pso20160914_035530_008

変更部分が長い三つ編みの毛先だけなので、そんなに目立ちませんが、良いアクセントになりますの。

さて。

じつはこの髪型、ただGVになったように見えて、少しノーマルの方とGV部分以外で違う点が・・・

pso20160914_035808_010

↑がアイカヘアー。

良く見てほしい、コスのフード部分に三つ編みが干渉してますよね?pso20160914_035752_009

↑がアイカヘアーGV。

全く同じ姿勢で撮ったSSですが、分かりますでしょうか?

三つ編みがフードに干渉してませんよね。

三つ編みの角度が違うのですよ。

pso20160914_035908_012pso20160914_035858_011

少し角度変えたアングルで。

GVの方が少し上に上がってるのが分かりますね。

これによって、アイカヘアーではコスへの干渉が目立ってしまったキャラでも干渉しにくくなって、コーデの幅が広がるかもしれませんね。

とはいえ、GVは少し角度が上気味についてるので、背面が寂しいコス等で組み合わせると不自然に浮いて見えるかもしれませんので使い分けでしょうか?

 

その辺りは、キャラやコーデと相談ですな。

ケモノ耳版ウサリアショートヘアでキャストの耳隠し

pso20160911_150009_001今回は瓶割のイメチェンさね。

イメチェンと言うことで、髪色をブロンドに大胆に変更。

髪型も、ふんわりキュートなウサリアショートヘアにチェンジ!

それに合わせて、今までやってなかったウサリアショートヘアにケモノ耳生やす方法をやってみましたの。

 

基本的に、何時ものふんわりビック耳ともふもふネコ耳の組み合わせ。

配置は以下の通り。耳付近の髪型にアクセが干渉しすぎて不自然にならないように、少しキャスト耳を出しました。

どうせ、髪型で隠れるしね。pso20160911_150157_003

これに、ウサリアショートヘア合わせると

pso20160911_150101_002

こんな感じに。

pso20160910_202844_006

ウサリアショートヘアのボリュームがあるので、正直な所、耳は殆ど髪型に紛れて、目立たないんだな。

ただ、耳の付け根がすこーし目立ってしまったので、ごまかしも兼ねて、リボンピアスを少し耳より上に付けて隠してみたり。

その辺はアクセの使いよう。工夫次第で何ともなるしね。

 

二人はガンナー! ~ラスベガス蹂躙劇(イラスト風SS)

随分物騒なタイトル書いたけど、そんな事は無かった()

最近、キャストの耳隠しとアクセオッドアイですこーしだけ知名度の上がったらしい瓶氏です。

まあ、そんなに知られることも無く過ぎ去ると思ていたといいますか、意外と見てくださる方も居るのね~

こんな、内容の無い呟き日記帳ですが、見てくださってありがとうございます。

でも、あくまでも瓶氏は気ままに言いたい事、書きたい事つぶやいてるだけなので、これからも内容の無い事は改善しないと思いますがの!()

 

さて。

先日、フレンドの雅さん(Next game&Next stage!)と共同SSを撮りに行きました。

ƒtƒ@ƒ“ƒ^ƒV[ƒXƒ^[ƒIƒ“ƒ‰ƒCƒ“‚Q_20160906043159

ちょっと前にマイルームでイチャコラ()した時の盗撮SSを加工した作品。

これを見て、もうちょっとSS撮りたいなと思って雅さんに後日お願いして、2人で撮影に!

 

ということで、以下良い感じに撮れたSSをいつものイラスト風加工した作品

 

 

pso20160909_025424_247

瓶鉄(←)と雅さんのキャラ、カーム君(→)

突然、能天気な瓶鉄に絡まれてどうしよう・・・みたいに困惑してる感じのカーム君

 

 

pso20160909_031549_476

ラスベガスGO!

2人でエルダーしながら撮影。このワンシーンの為に瓶氏は100枚近く撮ってる事実()

2人の得物が火を噴く瞬間が良い感じに撮れてたので採用。

突如背後に現れた敵に、ほぼ同時に銃を振り向きざまに放つ2人みたいな1枚。

pso20160909_032116_571

互いに体を向き合わせたポーズで良い感じの1枚。

現れた敵の群れに立ち向かう2人。

お互いに何か言葉を交わしつつ敵との戦闘に入る。そんな感じに見えるよね。

pso20160909_034023_733

キャスト体の鉄と着替えたカーム君。

バーサーカーとマスターみたいな?

 

 

この合計5枚撮るにしても、総数400枚近く撮ってるので、厳選が中々大変でしたが、結構絵になる作品に仕上がったのでは?と。

フレンドさんとSS撮るのも楽しいですよね。

最近、忙しくて中々時間が合わなかったので、久しぶりにとても楽しい時間になりましたの。

あと、瓶氏のイラスト風加工もある程度のレベルに落ち着いてきたので、そろそろ他にもフレさんと撮った作品を載せたり、してみようかの?

 

 

空中戦闘スタイル? サイドウィングでコーデ

 

箱のコーデはいつも鈍重そうな姿になる傾向の高い瓶氏

今回は方向性の違うコーデをやってみました。

ラスベガスの空を駆ける、空中戦闘スタイル!

瓶氏にしては珍しく大型系アクセをふんだんに使用し大胆な角度調整で肩の上にまで持ってきたサイドウィングが印象的なコーデ。

 

pso20160904_234005_175pso20160904_234009_176

全体的にとてもスリムな感じに仕上がってますが、珍しく使ったウィング系アクセが大型化して、実は以前の姿よりもシルエットが巨大化しているっ!

たまにはヒロイックな細身でスラッとした感じのコーデでもと思い組んでいたのですが、いつのまにか別の方向で大型化していたって言う()

ウェストスタビライザーを胴体に埋め込み、そこにサイドウィング、ウィングスタビライザーを真上から見た時に扇状になるように配置。

胴体に前方に伸ばしたブレストアーマーを取り付けて鋭角的なスタイルにしました。

pso20160904_234837_191

コーデ内容

 

ヘッド フリーヴァ・ヘッド

ボディ バルドル・ボディ

アーム レクトアギル・アーム

レッグ レクトアギル・レッグ

 

アクセサリー

 

ウェストスタビライザー

サイドウィング

ウィングスタビライザー

ブレストアーマー

pso20160904_234111_177

両肩のユニットから発生させた浮力によって飛行するみたいな感じ。浮遊しながらいやらしく頭上を取って執拗に攻撃してくる敵キャラとかそんなタイプだろうとか勝手に妄想()

今まで、こんな感じに空を飛びそうなコーデはやってなかったから結構新鮮でした。

普段ガッシリした、いかにも重箱スタイルなコーデばかりでしたからね(^_^;)

 

あと

サイドウィングの移動範囲が大きい事は前々から分かってたのですが、よもやここまで移動させられるとは・・・

これは今後も使えそうなコーデですな。

思わぬアクセが、予想を超える位置に動いた時、そこにインズピレーションが生まれる!・・・気がする()