カテゴリー別アーカイブ: アクセでオッドアイ系

サードアイAとツインパールを使った、コスカラーに連動して色の変わる疑似オッドアイ。

義眼。

pso20160930_142957_024

最初に疑似オッドアイを公開したのはもうかれこれ半年以上前になるのですなとしみじみ思う瓶氏。

デューマンの特権である、オッドアイを他種族でも使えないかと思ったのが作成のきっかけでした。

今までに何種かの改良型を作ってきましたが、今回はその新型になります。

ついでに、瓶茶のイメチェン(髪色の変更と分かる人にしか分からない程度の顔の微調整)を行いました。

その辺の理由は、追々別の日にでも()

 

今までの疑似オッドアイ(疑似オッドア サードアイA+レッドノーズ調整で目に輪郭を付けてみた!)では、レッドノーズをメインに使っていました。それ故にどうしても色がレッドノーズの色以外には変えられない欠点がありました。

今回作ったのはその、色のレパートリーに欠ける疑似オッドアイに、カラーバリエーションを生み出せる物!

コスチューム(アウター)or(メインカラー)の色に合わせて色の変化するアクセを使った疑似オッドアイになります。

使うアクセは、頭部小物系アクセのツインパールと何時ものサードアイA。

ツインパールがコスに連動して色の変わるアクセなのを利用して、色の変化が可能になりました。

↑のSSは赤いアウターの色に連動したツインパールが赤くなって何時ものレッドノーズ版の色と近い感じになっていますよね?

ここで、違う色のアウターに変えてみましょう。

pso20160930_143218_028

どうでしょうか?アウターカラーに合わせて色が変わりましたよね。

pso20160930_143810_032

もう一回変更。今度は黒くなりました。

こんな感じで、着ているアウターやコスの色に合わせて色の変化が出来るようになりました。

では早速、レシピの方をば。

 

以下注意。

これはあくまでも瓶氏のキャラに合わせた調整なので、顔の輪郭や大きさ等でずれが生まれる故に他のキャラで再現したい場合は各自で調整が必要になります。

レシピそのままでは多分使えない、もしくはキャラによっては不可能な場合もあるので、ご了承ください。

 

まずは、サードアイAのほうは→のリンクより、過去記事参照で(「サードアイA」を使ってオッドアイをやってみよう

サードアイAを無事に埋めれたら、次はツインパールを埋めます。

pso20160930_142559_017pso20160930_142608_019pso20160930_142612_020pso20160930_142617_021

 

 

 

 

上記のSSの調整で瓶氏のキャラは綺麗に埋められました。

pso20160930_142631_022

エステ内でコスチェンジ。しっかりとカラーも変化できますね。

ちなみに、ゴールドパール、レッドパール、ホワイトパール等を利用して、カラー固定のものも同じ調整で可能です。

レッドノーズとのの相違点は

色の変化が可能な点、レッドノーズが発光型(暗いところで光る)なのに対して、ツインパール等は鏡面仕様(周囲の景色が映り込む)といった所でしょうか?

その辺はキャラに合わせて使い分けですな。

pso20161001_093433_023

折角なので、それに合わせて新コーデ。

pso20161001_095138_030

なんか、こう見ると今まで以上に悪そうな人に見えるな!()

 

 

とりあえず、今回はここまで。

相談、アドバイス等も受け付けますので、その際はコメントくださいませ。

 

m2

 

 

 

 

 

 

なんちゃって侵食核を使った隻眼。骸骨風コーデ

pso20160820_091429_004pso20160820_091432_005

構成

 

頭部 ヒメセイタカ・ヘッド

ボディ ロニアレディ・ボディ

アーム ヒメセイタカ・アーム

レッグ アルナール・レッグ

 

アクセサリー

 

なんちゃって侵食核

ハイテクホッケーマスク

エミッションギア

ブラックファー

pso20160820_091148_001

アクセは頭部集中。

マスク、ギアで顔面を覆い、ファーで首回りを隠す。これで疑似フルフェイスを構成。

ラミア・フェイスを使わないので、エステに通うことなくこのままマイファッション機能でいつもの姿に戻れる素敵性能。

なんちゃって侵食核を隻眼みたいに配地して怪しく光る瞳を表現。

イメージは骸骨。カラーも骨のような感じな色合いに。pso20160820_150100_026

お約束のレッドノーズを使わないで、普段使わない侵食核を使ったのはこちらの方が色合い的に炎のような印象が出るから。

虚無の傀儡のようで、その中にはいまだ意志があるかの如く。みたいな。

あと、埋めた時の瞳の形が良かったのもありますな。

 

 

疑似オッドア サードアイA+レッドノーズ調整で目に輪郭を付けてみた!

ヒューマンでも、ニュマでもキャストでも!デュマみたいにオッドアイをやってみたいぞ!な望みを叶えるべくアクセを使った疑似オッドアイ(勝手に命名)の作成に日々奮闘する瓶氏です。

過去の奮闘はこちら。

オッドアイコーデ!「サードアイB」

「サードアイA」を使ってオッドアイをやってみよう

アクセ工夫

今日は、いつぞやにやったオッドアイVer2「レッドノーズ」+「サードアイA」の組み合わせを微調整して、もっと目らしくしてみましたの。

こちらが過去の物。白目の再現は出来てたけど、輪郭が無かった。pso20160209_030639_001

今回のがこっち。

角度やサイズを一から見直して再調整。pso20160604_180715_125

輪郭が出来た事で、もっと目らしくなったと思うん。

どうしても、視線と連動出来ないので、その辺の不自然さはぬぐえないけど、なかなか良い感じに出来たんじゃないかなって。

pso20160604_181130_126

「サードアイA」単品の疑似オッドアイでもいいけど、シチュやキャラに合わせたバリエーションを作ってもっと、活用の幅広げたいですな。

pso20160604_025721_001

ついでなので、最近やっと更新した瓶茶の新ガンスラ「マーセナリシュバルツ」とパシャリ

pso20160604_163957_039

 

オッドアイコーデ!「サードアイB」

ファンタシースターオンライン2_20160528173352

「魔眼」

もう何回もやってるけど、アクセを使った疑似オッドアイ。

今回は「サードアイB」を使ってみました(‘_’)

「サードアイA」とサイズ等が違う関係でそのままでは使えませんので1から調整。

綺麗に埋まるように小3時間かけて調整して参りました(

pso20160528_175240_001

中二心震わす、右目の魔眼~(

いつもは眼帯で隠してる魔眼を表現するのに、以前だとアクセ2枠使ってたのですが、それだとアクセ枠圧迫がキツイのでどうにかならんかなと、前に一回調整が上手くいかなくて断念した「サードアイB」で再挑戦。

調整はこんな感じ!

pso20160528_175516_003pso20160528_175523_004pso20160528_175528_005

実は、前にやった時と違って少し顔つきを調整してるおかげなのか、今回は上手く埋め込めたみたいですw

目の形だけではなくて、鼻の高さなどにも左右されるのですが、その辺を弄っていたのが大きいのかな?

pso20160528_181921_016

 

オッドアイVer2「レッドノーズ」+「サードアイA」

pso20160209_030639_001

アクセ「サードアイA」と「レッドノーズ」の組み合わせ。

レッドノーズ単体を埋めると白目部分が無くなるのですが、サードアイAと組み合わせればこんな感じに白目部分を残せました!pso20160130_160333_036この前、レッドノーズ単体を埋めた時のSSのがこちら。これが・・・pso20160209_033820_042こんな感じでちゃんと瞳になった!

 

ちゃんと調整で埋めてるのでpso20160209_030704_003

瞬きしてもアクセは飛び出ない。pso20160209_031503_024レッドノーズは元から発光するタイプのアクセなので、暗いところでこんな感じに光ってカッコいい!

これでまたキャラの表現の幅が広がりそうですね~

 

「サードアイA」を使ってオッドアイをやってみよう

pso20160130_170118_041

アクセ「サードアイA」を使った疑似オッドアイのやり方。

#5月29日追記 「サードアイB」はこちらから!→ オッドアイコーデ!「サードアイ B」

まず注意点。

キャラによっては凄く違和感出る場合がある事、目が大きすぎるキャラには多分使用できない事、レシピそのままでは顔の形次第では上手く出来なく、自分で微調整必要になるかもしれない事。

あと、あくまでもアクセを被せただけなので、視線等で違和感出ます。

「サードアイB」でも出来ますが、こちらはサイズが違うのでまた別の調整が必要になります。

 

あと、当然ながらアクセサリーなので、視線等で不自然になる事はご承知ください。(片目だけカメラ追いながら片目だけ宙を見てるみたいな)

 

では早速。今回使用しているアクセ「サードアイA」

pso20160131_052225_001

このアクセを上手く目に埋めつつ、埋め過ぎない。コンタクトみたいに被せる感じを目指しましょう。

目にピッタリ被せられる位置がベストポジション。

 

pso20160131_052218_000

アクセサリーの調整。

再度言いますが、私のキャラだからこの調整で出来るのであって、目の大きさや、顔の形等でこの調整も大きく変わります・・・(=_=)

pso20160131_052304_002

角度はこんな感じ。目のカーブに合わせて角度を調整。pso20160131_052310_003

サイズ。一番下の青ゲージの左右によってもアクセが前後する感じなので、これとアクセ調整の方の位置前後を上手く調整していくのがコツ(?)

 

あくまでも参考程度にしかならないですが、こんな感んじでしょうか(‘_’)

 

私の他のキャラにも同様のレシピで試しましたが、やはりキャラごとに違和感が出て、そのままでは使えませんでした。

細かい微調整は必須になると思います・・・(^_^;)

 

これと同じ要領でレッドノーズを使った例も前回の記事に書いてあるのでそちらもご覧ください。

 

これらはあくまでも私の一例。

きっとこのほかにも素敵なアクセ活用法は出てくる筈。

ゴミと侮っていたアクセ、使い道がなかったアレとか、意外な物が、ある時少しの発想と妄想から素敵なお洒落アイテムに変身する。

そんな瞬間をもっと感じてみたいから、今日もエステに籠ろう!

これからもそんな意外な活用法を見つけて行きたいですね。

もしよろしければ、以下もご覧ください!

オッドアイVer2「レッドノーズ」+「サードアイA」

 

 

もし、もう少し聞きたいことがあれば、コメント等にお残しください。

 

pso20160201_002416_127

アクセ工夫

pso20160130_153622_006

EP4にて実装された、アクセサリーの角度、サイズ調整。

「サードアイ」を角度やサイズ調整で色々弄ってたらオッドアイが出来た!

今まで、デューマンの特権だったオッドアイをヒュマでも出来ないかなって思ってたので、疑似的とはいえ出来るようになったのは良いなぁとw

この要領で、眼帯下の設定が今まで再現出来てなかった瓶鳴の方もpso20160130_170118_041

 

この子の設定が、昔に受けていた非道な実験の後遺症で右目に異常を抱えてる。なので、その再現。

失明して変色した右目の再現がやっと叶った。

で、もう一つ

pso20160130_160333_036

「レッドノーズ」を使って、異常状態発動中の右目も完成させてみました。

普段眼帯で隠してるからあれだけど、見えない所にまで拘れるようになったのは本当にうれしいですな。